1月22号星期二(火曜日)痛恨の極み

海外で長期暮らした経験のあるものとして
アルジェリアでの惨劇は
なににもまして
痛恨の極みです。
恐怖主義者を
断固非難します。

わたくしは
9.11の二日後に
中国入りしました。
日本で見た最後のテレビの映像が
筆舌尽くせぬ恐ろしい行為。
その不安、恐怖たるや。

先ほど
恐怖主義者と書きました。
日本でよく聞く言葉で言えば
テロリストのことです。
わたくし、
なんでもかんでも
横文字にすることに
感心しません。
漢字や日本古来の文字の持つ雰囲気が
損なわれることも多いからです。
テロ
個人的にこの言葉は
軽く感じてしまいます。
本来持つ意味が
日本の暮らしの中では
なかなか結びつかないからでしょう。
「terror(恐怖)」からの
言葉なので、
「恐怖」とした方が分かりやすい。
短絡的な暴力行為につながる雰囲気も
損なうこともありません。
中国語もこの言葉は
「恐怖(kǒngbù)」です。

中国入りして
周りからよく聞く言葉が
「コンブ、コンブ」で
「昆布」を連想してしまいました。
その国の言語習慣に
深く馴染まないと、
軽い雰囲気の言葉なんですよね。

日本における「テロ」と言う語も
「昆布」ほどじゃないですが
なんとなく軽いと感じてしまいます。
「恐怖」とした方が
許されざる対象という雰囲気に
合致すると思うのです。

タイトル。
「痛恨の極み」については
中国語の表現でこんなのがあります。
「痛心疾首(tòngxīn jíshǒu)」
首とありますが、
これは頭部を言います。
つまり「疾首」で頭痛のことです。
ひどい頭痛に苛まれるような
心に負う痛み。

本当に今回の事件は
許せません。

中国語学習の旬な情報は
↓↓↓↓こちらからどうぞ。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村