4月26号星期二(火曜日)最後のひと山、ふたつの「ン」

発音もいよいよ大詰め。
今回は二つの「ン」について見ていきますよ。

日本語では意識して使い分けていない「ン」ですが、
中国語では二種類を使い分ける必要があります。

聞き取るのはかなり至難の業ですので、
「今は聞き取れなくてもいいや」
くらいのスタンスの方がいいかもしれません。

でも、発音は意識して使い分けましょう。

さて、そのふたつの「ン」に登場してもらいましょう。
「-n」と「-ng」ですね。
鼻音と言います。

息を鼻に抜く音だから「鼻音」です。

ではいつも通り、発音のコツについてです。
まずは口をルーズに開き、
「ン」と言ってみましょう。
それから、「あ・い・う・え・お」それぞれの
口の形を作って、実際には「ン」と発音してみます。

これは口の形で「ン」を言ってしまわないための練習です。
うまくできましたか?

それでは次のトレーニング。
舌先を上の歯と歯茎の間くらいにピタッとつけて
「ン」と言ってみましょう。
次にその舌を放して「ン」。
つけて「ン」、放して「ン」、数回繰り返しましょう。

このとき、唇を閉じないことがポイントです。
唇を閉じてしまうと、子音「m」の音と
間違えられてしまうことがあるためです。
ルーズに半開きです。

つけて「ン」、放して「ン」の舌の位置を
確認して、いずれも瞬時に動かすことができれば、
トレーニング終了です。

このつけて「ン」が「-n」
放して「ン」が「-ng」です。

日本語で「ン」というときは
たいていの場合「-ng」ですから、
時間を有効に練習するのであれば
「-n」を重点的に練習するといいでしょう。

鼻音は難しいです。
普段から意識することが肝心です。

わたくし、昔、この鼻音のせいで
中国人の友人にからかわれました。

一時帰国する際の会話です。
飛行機で帰るのか?との友人の問いに
「船」で帰ると言いたかったわたくし。
坐船回国。
Zuò chuán huíguó.

すると彼は笑いながら
それはすごい!と言いました。
彼には船が
床(chuáng)ベッド
に聞こえていたのです。

鼻音侮りがたし!

中国語学習の旬な情報は
↓↓↓↓こちらからどうぞ。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック