4月29号星期五(金曜日)中国語の基本の語順

主語+述語
これが中国語の基本の構造です。

語順としましては、
主語があって、述語では動詞、そしてその目的語
というパターンが基本です。

そう。英語の第三文型ですね。
S+V+O。
I study Chinese.
私は中国語を勉強します。

中国語では
我学汉语。(Wǒ xué Hànyǔ.)
「私 勉強する 中国語を」という語順です。

ここ。
実は日本人にとって結構難しい問題を持っています。

え?語順が英語のようになってるだけでしょ。
というふうに思う方も多いでしょうが、

主語の後にダイレクトに動詞などの
文意全体を左右する言葉が来る言語は
日本人の多くの人にとって苦手なわけです。

震災で浮き彫りになった日本人の美徳とも言うべき
奥ゆかしさ。
自分の意志よりも相手をたてる気遣い、遠慮。

それは日本語の語順と無関係ではないのです。

私は中国語を勉強「する/しない」。
という具合に、
最後まで聞かなければどっちに転ぶかわからない日本語。

最後まで話を聞く習慣が長く続いていたため、
情報を落ち着いて分析し、
処理する能力が発達したともいえます。

パニックにならないとか、暴徒化しないとか、
この日本語ならではの特徴によるものかもしれません。

でも、この最後まで聞かないと分からない、というのが、
諸外国の方から見ればじれったいわけです。

逆に日本人から見ると、
すぐに結果を求める中国語のような構造の言語では、
ずけずけと相手をいたわらない印象になってしまう。

ここに摩擦が生じてしまうのでしょうね。

どうしたらいいのでしょうか。
簡単に言ってしまえば、
中国語脳をつくってしまうことでしょう。
中国語で発想する環境を頭の中に構築するのです。

簡単に言いすぎですか?
自分の意思をはっきりとさせるとことが
外国語習得には大切なんだと思います。

別人格を作ることをすすめる語学の本もありますが、
そんな極端なことではなく、
奥ゆかしい日本語の環境を理解し、
大切に思うことを忘れない。
それが日本人のアイデンティティと認識して、
新たな言語脳を構築する、ってマジメすぎますね。

中国語学習の旬な情報は
↓↓↓↓こちらからどうぞ。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック