7月12号星期二(火曜日)知っている文字こそ

去(qù)。
これも案外厄介かもしれません。

まず、日本語で知っている文字として
「去る」と読んでしまうこと。

「去る」と訳すこと自体、
それほど大きな問題はないんですけど、
やや日本で使っている意味からは
ずれてしまいますね。

去はやはり「行く」の意味で
捉えないといけません。

「ゆく年くる年」と覚えると
いいかもしれませんね。
去は「行く」のです。
で、その対義語が
来(lái)「来る」なんです。

この「去」「来」二つ、
基本すぎる語のため、
ついつい辞書を見る機会が
少なくなってしまうと思います。

ここで
わたくしの学生時代の恩師の言葉を
紹介します。

「おまえなんかが知っている文字はない」

あはは。
けっこうグサっとくるかもしれません。
今時分に言うと
結構な問題発言となってしまいますね。
だから、
授業中に同じことを
学生さんに向かって
言ったことはありません。

いや、言えませんよ。
まだまだそこまでの力ありませんし、
なにせまだまだ勉強中ですから。

でも、
同じことを同じ言葉では言えませんが、
別の言葉では言っています。

「知っていると思っている字ほど
 辞書を引いてみる必要があります」

つまり、
「知っている」と思っている字は
「知っている」と思っているので
辞書なんか見なくても
「知っている」と思ってしまうものです。
でも、
もしかしたら自分の知らないことが
書いてあるかもしれない、と
期待してみて下さい。

期待に沿わず知っていることしか
書いていないのであれば
その言葉は
本当に「知っている」言葉になります。

もし期待通り知らない事実に出会えば…。

こんなに楽しいことはないと思いますよ。

中国語学習の旬な情報は
↓↓↓↓こちらからどうぞ。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック