7月16号星期六(土曜日)多音字

多音字
つまり
読み方が複数ある文字のことです。
漢字は一文字でも複数の働きを持っています。
それだから、働きが異なれば
読み方も異なるという
外国語学習者泣かせな特徴を
持っています。

われわれ日本人は
普段から漢字を生活で使っていますので、
まぁ、そういうことか、
という具合に合点もいくのですが、
欧米の方は辛いでしょうね。

又方便又便宜
(yòu fāngbiàn yòu piányi)
「便利で安い」

の「便」

了解了(liǎojiě le)
「了解しました」

の「了」

他们都住在京都
(tāmen dōu zhùzài Jīngdū)
「彼らはみんな京都に住んでる」

の「都」

などなど。
けっこうキリがないです。

数数儿
(shǔ shùr)
「数を数える」

の「数」なんて、
もう勘弁してって感じです。
が、このパターンは結構多い。

钉钉子
(dìng dīngzi)
「釘を打つ」

扇扇子
(shān shànzi)
「うちわを扇ぐ」

种种子
(zhòng zhǒngzi)
「種をまく」
などなど。

声調が変わるだけなので、
どっちがどっちだったか、
分からなくなります。

声調に気をつけて何度も
繰り返し読んで語感を
身につけるしかありません。

中国語学習の旬な情報は
↓↓↓↓こちらからどうぞ。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック