7月24号星期天(日曜日)発音発音発音!

声調変化。
結構これをややこしく
考えてしまう学生さんが
多いようです。

たとえば
不のうしろに第4声の語が
続くと
本来第4声で発音する不(bù)
第2声(bú)に変調する、
と言うやつです。

これだけのことですが
いろいろと難しく考えて
しまうみたいですね。

これは対策としましては、
覚える、というのがすべてなんですが、
結局のところ、
どれだけ声に出して練習したか、
というところによるような気もします。

中国語の学習は
まずなんといっても発音が
大きな山なわけです。

ピンインを見て
発音の仕組みを理解したつもりでも、
なかなか正確に発音しようとしても
できないものです。

当然です。
外国語なんですから。

だから練習する。
とにかく声に出してみる。
繰り返し繰り返し。
あまり意味など考えなくてもいいので
とにかく発音してみましょう。
口が覚えるということもあります。

よく聞き流すだけで覚える、
みたいな教材がありますが、
聞くだけじゃだめですね。
どこの筋肉を動かせば
その音になるのか、とか、
口の開き具合、舌の位置、
のどの感覚、などなど、
聞くだけでそこまで分かる人は
ずば抜けた才能に恵まれた人です。

やはり、指導する人がいて、
どうしたらその音を出す口になるのか、
ということをじっくり教えてもらう必要が
あるのです。

で、
コツをつかんだら
ひたすら発音。
そうすることで
自然と口から出てくる、ということも
あるでしょう。

夢で中国語を話すようになったら
上達した証拠。

よく聞きますけど、
これも結構いい加減だと思います。
夢の中では脳内変換されてますからね。
ただ、「話す準備はできている」
ということだけは確かだと思います。

普段使わない筋肉はすぐに失われます。
夏休み、長いです。
反復練習がんばろう!

中国語学習の旬な情報は
↓↓↓↓こちらからどうぞ。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック