6月16号星期六(土曜日)和菓子の日

今日は和菓子の日
なのだそうです。
わたくしの調べた範囲では
これを6月16日にする根拠が
いまいちよく分からなかったのですが、
平安中期、
仁明天皇の承和年間に
疫病がはやり、
年号を嘉祥と改め、
その嘉祥元年(848年)の
六月十六日に
十六個の菓子や餅を供え
厄除けと健康祈念をしたことに
由来するのだそうです。

十六個という数が出ていますので、
グレゴリオ暦ではなく
旧暦なのだと思いますが、
ちゃんと調べていないので
分かりません。

で、この日を「和菓子の日」と
制定したのは1979年のこと。
わたくしはこの心意気に
感銘を受けました。

その仁明天皇の頃の話から
近世頃までこのお菓子を
お供えする行事は続いていたようで、
江戸時代にも6月16日を
「嘉祥の日」として
お目見え以上に
和菓子がふるまわれていたようです。
厄除けと健康祈念が目的ですね。

全国和菓子協会によって
この日を和菓子の日と制定されたことは
このような故事をきちんと
後世に伝えること、
食文化を正しく継承することを
目的としてのことなのです。

伝統とか残したいものとか、
守ろうとする努力は
並大抵のことではありません。
新しいものを創ることも
大変なのですが、
継承することはもっと
大変です。
壊す、なくす、途絶えることは
本当に簡単。
本当にあっけないです。
続ける努力、遺す努力、
これには強い信念が必要です。

さて、
中国の方に和菓子を勧める、
お土産に和菓子を贈る、
これは少し待ってください。
相手の中国の方が
和菓子を食べたことがあって、
好きだというのであれば
贈って大丈夫です。
ですが、
和菓子を食べたことがない、
よく知らない、という方には
贈らないことをお勧めします。
見た目と味にギャップが
あるようで、
第一印象「おいしくない」と
感じる方がほとんどです。
文化理解のためには
ややハードルが高いと
思っておきましょう。

中国語学習の旬な情報は
↓↓↓↓こちらからどうぞ。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック