6月4号星期一(月曜日)試験前のNG質問

さて、
そろそろ先生方は
前期試験を意識し始めます。
スケジュール的に
今年の問題は
どんなふうにしようかな~と
考え始める季節なんですね。
ですから、
これまでに聞き逃した
ポイントなどを整理するには
今がもってこいの時期。
すでに何が何だか分からない、
という学生さんも
くらいついていく正念場。
先生の授業中の話に注目です。

前期は発音に主に時間を
割きますので、
文法はそれほど
難しいことはありません。
発音は発音として
試験を行うこともあるでしょうから
一概に対策を
言えるものでもありません。
でも、先生に尋ねるポイントさえ
押さえれば、
有用な情報をゲットできるかも
しれませんよ。

そこで今回はちょっと得する(?)情報。
こう尋ねたらいい、という例は
お教えしませんが、
こう聞いてはいけないという
NG質問例を紹介しましょう。

「先生、ぼく何回欠席してます?」

丁寧に教えてくれる先生も
いらっしゃるとは思いますが、
これは大変印象悪いです。
出席回数は本人が一番よく
知っているはず。
欠席に後ろめたさがあるのなら、
試験で好成績を出すしかない、と
腹をくくりましょう。

「問題教えて下さい」
「どこが試験にでますか?」
「○○は試験にでますか?」

こちらも丁寧に教えてくれる先生も
いらっしゃるでしょうが、
これも印象を悪くする質問です。
ヤマをはるのは別にかまいませんが、
語学に関しては
日ごろからの積み重ねが
大切なので、
一点集中的な勉強で対策としてもらっては
困るのです。
効率的な勉強をしたいと
考えるでしょうが、
やはり地道にコツコツと、
これが基本です。

「先生、わかりません」

「わかりません」の内容を言わない
「わかりません」はNGです。

中国語学習の旬な情報は
↓↓↓↓こちらからどうぞ。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック