7月7号星期六(土曜日)七夕のササ飾り

石原さん、
つまらないことを
ひとり面白いと思って
繰り返し発言する。
なんか気の毒です。

パンダに夢を抱く人も
多いです。
日中友好にいそしむ人も
また多い。
石原さんに喝采する人も
確かに多い。
批判的意見を言う人が
多くても問題ないでしょ。

パンダレンタルは
露骨な外交手段だとは
思いますが、
そこは切り離して
政治を語るべき。
領土のことなんですから、
もっとスマートに対処して
頂きたい。

さて、今日は七夕ですね。
まぁ本来は旧暦ですから、
2012年なら8月24日でしたか。

七夕にはパンダの好物のササを
飾りますね。

このササ飾りは
日本の文化と思ったら、
中国にルーツがあるようですね。

中国では逸してしまった
白居易の詩に
七夕を詠った一部があります。
日本に伝わり『和漢朗詠集』という本に
収録されています。

憶得少年長乞巧
竹竿頭上願糸多

憶ひ得たり少年の長く乞巧せしを
竹竿の頭上に願糸多し

そういやあの少年少女、
長いこと七夕のお願いをしていたな。
竹竿の上は願いをこめ垂らした糸が
あんなにも多い。

こんな感じでしょうか。
ほら、どうです。
竹が出てきましたね。
で、「願糸」なんてものが。
これは裁縫の上達を願い
糸を竹竿に掛けたものです。
ササ飾りのルーツでしょうね。
「乞巧」とは
手先が器用になることを願うこと。
ちょっと欲張りなお願いを
していたのでしょうかね。
織女さんがちゃんと聞いてくれると
いいのですが。

さて、今夜は晴れますかね。


中国語学習の旬な情報は
↓↓↓↓こちらからどうぞ。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック