テーマ:学習法

4月22号星期五(金曜日)中国語にない音

さて、 日本語にない音が発音しにくい音。 だから日本語にない音を重点的に練習する ということが分かりますね。 じゃあ、逆に中国語にない音というのは どんな音だろう? いくつかあります。 そこでこんななぞなぞに挑戦してみてください。 哪个国家汽车多? (Nǎge gu&o…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4月21号星期四(木曜日)ここが難所のそり舌音

そり舌音でございます。 zh- ch- sh- r- の四つですね。 説明をいろいろと端折っていますが、 まぁ、日本にない音を出すのは難しい、 というものの代表となっているのではないでしょうか。 けど、そり舌音。 コツさえつかめば難しくありません。 このそり舌音を難しくしているのは、 おそらくネーミングに起因すると…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4月19号星期二(火曜日)酸欠ぎみです

もうへろへろです。 この時期はとにかく発音、発音、発音。 大きな声を張り上げて、 チェックして、発音して、って繰り返し。 喉がカラカラです。 というのも、 通常三月の間、 大学の先生は授業がありません。 その間、家族とか、他の先生とか、 ごく一部の人としか話さない。 ひどい日は独り言くらいしか言わない、 なんて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月16号星期六(土曜日)心で聞くのだ

清の咸豊、同治年間(1851-1874)、 安徽省の東南、寧国県に 劉惟性という人がいました。 若いころ、彼は学館で勉強をしてましたが、 勉強がダメで逃げ出してしまいます。 ときに、寧国県には高峰山という名山があり、 山には霊岩寺というお寺がありました。 そのお寺には数十の僧侶がいて、 太元という和尚さんがその方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月15号星期五(金曜日)よく聞こう

よく聞くということ、 中国の方は好きですね。 外国語は目で勉強するのではなく、 耳でするものだとよくいいます。 これは当てはまっているようであり、 必ずしもそうでもないと思います。 わたくし、 視覚を失った方と 聴覚に不自由のある方に 中国語を教えたことがあります。 視覚を失った方は 聞き取りに長けてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月14号星期四(木曜日)イー・アル単母音

単母音のルールとしまして、 i u ü はそれぞれ単独で用いる場合 i→yi u→wu ü→yu とつづることになっています。 見た目が違いますが、同じ音ですので要注意。 だから昨日の 鱼は yú(ǘ) と併記していたんですね。 同じ音です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月13号星期三(水曜日)魚は空腹だ。

中国語の発音を最短ルートで、 ということでしたが、 やはり寄り道ばっかりですね。 じゃあ、ここらで一気に登って行きましょう。 今日は単母音。 覚えるのは6つ。 練習するのは2つ。 あとの4つは日本語で生活している時にも 発音しているので、やめましょう。 時間を有効に使いましょう。 厳密に言うと、ちゃんと確認を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月12号星期二(火曜日)声調ビッグウェーブ

この時期、大学の先生としましては、 一生懸命に発音練習をしている みなさんの姿をほほえましく眺めています。 声調の練習。 mā má mǎ mà とやっている時、 教壇の上から眺める 声調に合わせたウェーブ。 第二声ではひょいと首が伸び、 第四声ではうなづくように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月11号星期一(月曜日)九官鳥といえば

中国は、というか、中国も ペットブームは息が長いです。 犬や猫、小鳥、金魚、亀、コオロギ。 この辺が多いでしょうか。 市場ではよく小鳥が売られています。 気候のよい日はよく市場をぶらぶらしてました。 鳥好きのわたくし、 この息抜きが一番癒されました。 中国の九官鳥はやっぱり中国語を話しますね。 当然ですかね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月10号星期天(日曜日)九官鳥に見習おう

声調。 中国語学習を順調にスタートさせるためには これをきちんとマスターしなければなりません。 簡単に言えば、 音の高低差を区別するものです。 主に四種類あるから 四声ともいいます。 まず一つ目のパターン。 第一声と言います。 昨日、普段の音から徐々に揚げていって... という練習をしました。 その揚げてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月9号星期六(土曜日)ずっとウソだった

今日は斉藤和義さんに敬意を表し、 歌うことは好きですか? 好きなら歌のメロディを覚えるような要領で 中国語はマスターできます。 苦手なら...。 歌うことはむずかしいことじゃない。 次の練習で大丈夫。 中国語の「声調」を徹底的に身体に浸み込ませましょう。 この声調という厄介なものも、 普段話している言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月8号星期五(金曜日)発音という険しい山

さあ、ぼちぼち中国語の山を登りましょうか。 目の前にはだかる発音の山です。 けっこう険しいですよ。 登山でもなんでも、 いきなり始めるのは感心しません。 まずはウォーミングアップが必要です。 何をするか。 まずは五十音をすべて発音しましょう。 アイウエオです。 なーんだ、と思われるかもしれません。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月2号星期六(土曜日)初めての中国語学習、その前に

第二外国語で中国語を習おうと決めたきっかけは さまざまあることでしょう。 「これからは中国の時代」 「中国語ができると就職に有利」 「中国語を話す人口が多い」 こんな感じの回答をよく聞きます。 それから、 「中高の英語で、もうアルファベットを見るのが嫌」 「漢字を使っているから分かりやすそう」 なんて意見も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月30日星期三(水曜日)日中音楽の架け橋

語学の学習にとって最も重要なことは 続けること。 続けるためにはモチベーションの持続が大切。 モチベーションを持続させるためには 自分のもっとも興味あるものと 合わせて学んでいこうとすること。 これが学習のコツの一つと思います。 わたくしが中国語を学習するために かつて合わせて学んだ興味あることは 中国音楽・中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月20日星期天(日曜日)中国の方々の発想を知る

中国の方々とお付き合いするためには 中国の方々の発想というものを知る必要があります。 昨日紹介したブリッジも 中国の方々がどんなことを考え、 どんなことを話題としているのか、 それを知るためにもとても有効であると思います。 そんな中国の方々の発想を知るための方法は いくらかあると思うのですが、 どうせなら中国語を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月18日星期五(金曜日)うごかさないと

ここ数日とある職業病とも言える症状で 病院に通っています。 簡単に言ってしまうと腱鞘炎のひどいやつです。 身体は適度に動かしておかないとならないとのことでした。 職業病、 パソコンに向かってずーっと キーボードを打ちこんでいる作業がよくなかったようです。 指は絶えず動いていますが、 手を支える腕はずっと同じ姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月17日星期四(木曜日)中国語検定も中止になってしまったのか…

第73回中国語検定の試験が中止となりましたね。 こればかりは如何ともしがたいです。 首都圏の停電等の問題、 交通機関の問題、 そして原発の今後の経過について、 何から何まで全く予断を許さない状況です。 海外から日本へ来ている方たちも 本国から帰国の勧告が出始めているようです。 さらに、援助物資は海外から届いても、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月10日星期四(木曜日)ノートに何書くの?

自分なりのノート術がある方には これと言ったことは多分ありませんのであしからず。 二外中式ノート術極意 まずは買ってきたノートのページ数を数えましょう。 ページナンバー/総ページ数を 全てのページの所定のところに記入します。 これはヒマな時に作業しましょう。 次にレイアウトを決めます。 例えば見開き左側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月9号星期三(水曜日)ノートを買おう

ぴったりの辞書は見つかったでしょうか? これ以外にもいろいろあります。 じっくり悩んで最高の相棒を探してくださいね。 さて今回はノート「笔记本」(bǐjìběn)について考えてみます。 新生活直前のほどよい期待感を持ちつつ 新しい学習のための新しいノートを買…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more