テーマ:学習法

7月18号星期三(水曜日)数字の練習、その二

「数数儿(shǔ shùr)」 上の表現、 「数」の発音が 前と後とで異なりますね。 前、第3声で発音する方は 「数える」という動詞。 後の第4声で発音する方は r化されていますが 「数(かず)」という名詞。 発音の違いで 品詞が異なる。 え?難しい? この点に関して言えば 日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月17号星期二(火曜日)数字の練習

そうそう。 教室ではよくこんな練習を しています。 カウントダウン。 中国語で数字を順番に 発音する。 「一、二、三、…」 これは結構みなさん上手に 発音できます。 なんだかんだ言っても、 よく耳にして 声に出しているからですね。 ところが、 これを反対にする、 つまりカウントダウンにすると 途端に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月10号星期二(火曜日)声に出して練習

声に出すということは 定着をはやめるということ。 反復疑問文で たとえば 「你是不是大学生吗?」 なんて言ってしまうと すぐに違和感をおぼえるように なります。 「違和感を感じる」とか 「頭痛が痛い」とかを 普段も言っている人は ピンとこないかもしれませんが。 形容詞述語文で 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月9号星期一(月曜日)語彙の学習法

試験を目前に控えて ちょっとネタに 困ってきました。 書きたいことは 山ほどあるんですが、 ここでしゃべると ついつい余計なことまで 言ってしまいそうで。 というわけで、 問題とは別という前提で、 お話しますよ。 わたくしは見たことがないですが、 他の再履修の先生から 曜日の表現について こんなことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月1号星期天(日曜日)七月ですね

前期もあともう少し。 そして 試験ももう少し。 目下試験問題鋭意作成中。 どんな問題を出すかは 言いませんよ。 まぁ、 しいて言うなら、 ちゃんと勉強していたら 点数がとれる問題を 目指して作っています、 という感じ。 付け焼刃な対応では なんとかならない問題を 考えています。 これは非常に難しいんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月21号星期四(木曜日)もののあはれ

今日は 国学者本居宣長の 生まれた日だそうです。 享保15年の5月7日。 今の暦で6月21日です。 というわけで、 「もののあはれ」という タイトルです。 中国語では 「物哀(wùāi)」 と表記するそうです。 なるほど。 この日本文学独特の感覚であり 特徴でもある 「もののあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月12号星期二(火曜日)数量詞

数量詞の覚え方って なんかないですか? という質問。 この覚え方ってのは 楽して、とか、 効率的にとかの意味でしょう。 なるほど。 どんな参考書を見ても、 名詞と数量詞を ずらずら~っと挙げ、 こういうものが こう数える、というふうに 表があるのが一般的。 さぁて。 なんかないですか? なんかあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月4号星期一(月曜日)試験前のNG質問

さて、 そろそろ先生方は 前期試験を意識し始めます。 スケジュール的に 今年の問題は どんなふうにしようかな~と 考え始める季節なんですね。 ですから、 これまでに聞き逃した ポイントなどを整理するには 今がもってこいの時期。 すでに何が何だか分からない、 という学生さんも くらいついていく正念場。 先生の授…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月3号星期四(木曜日)電子辞書と紙の辞書

最近、ある先生から 辞書の引き方を知らない学生が増えた という話を聞きました。 うーん。 わたくしも あまり辞書を引かなくなりました。 ここでいう辞書は 「紙」の辞書です。 もっぱら電子辞書の利用に なってしまっています。 これは反省しなければなりません。 電子辞書。 便利ですよね。 知りたいところに 一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月8号星期四(木曜日)ネット検索は慎重に

ちょっと調べ物で、 木槌が水に浮くかどうかを ネットで検索してました。 何やってるんだよ?って 感じですけどね。 そしたらまぁ、 なんとも気になる記事が。 むかし中国の潘馬なる人が 従来の木槌を金槌にしたと。 そこからハンマーというようになった。 え?まじで?すげー。 っと読んでいましたら 民明書房刊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月24号星期六(土曜日)中国のナンバープレート

中国のナンバープレート。 一番よく見るのは 青色のプレートでしょうね。 普通車のナンバープレートは 大抵これです。 一般的には 登録地域を表す漢字一文字 アルファベット一文字 5桁の数字 が書かれています。 都市部では5桁の数字に 英字が含まれることもあります。 登録地域を表す漢字は いわゆる簡称という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月13号星期二(火曜日)高座百遍

昨晩、 NHKのディープピープルという 番組を見ていました。 番組紹介をすることが 目的ではないので どんな番組なのかは そのHPを参照していただきたいと おもいます。 ま、簡単に番組の内容を言いますと、 同じジャンルで活躍する 3人のプロフェッショナルが 全く台本無しでただ話し合う、 そんな番組です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月25号星期一(月曜日)カタカナ

英国の歌手 艾米•怀恩豪斯 (àimǐ•Huái’ēnháosī) エイミー・ワインハウスさんが 亡くなったとのニュースを見ました。 若いのに。 さぞ苦しかっただろうと思います。 いろいろと気になることはありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月24号星期天(日曜日)発音発音発音!

声調変化。 結構これをややこしく 考えてしまう学生さんが 多いようです。 たとえば 不のうしろに第4声の語が 続くと 本来第4声で発音する不(bù)は 第2声(bú)に変調する、 と言うやつです。 これだけのことですが いろいろと難しく考えて しまうみたいですね。 これは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月18号星期一(月曜日)到達!!

ついに快挙! なでしこ世界一です!! やはり世界ランク一位のアメリカ。 強かったですね。 PK戦の末の勝利。 最後まであきらめない、 この精神に尽きるかと思います。 壮大な目的達成のためには 細かなところで さまざまな努力が必要です。 玄奘三蔵についてもそうですが、 絶対的な信念のもと、 一つの目的のため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月16号星期六(土曜日)多音字

多音字 つまり 読み方が複数ある文字のことです。 漢字は一文字でも複数の働きを持っています。 それだから、働きが異なれば 読み方も異なるという 外国語学習者泣かせな特徴を 持っています。 われわれ日本人は 普段から漢字を生活で使っていますので、 まぁ、そういうことか、 という具合に合点もいくのですが、 欧米の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月12号星期二(火曜日)知っている文字こそ

去(qù)。 これも案外厄介かもしれません。 まず、日本語で知っている文字として 「去る」と読んでしまうこと。 「去る」と訳すこと自体、 それほど大きな問題はないんですけど、 やや日本で使っている意味からは ずれてしまいますね。 去はやはり「行く」の意味で 捉えないといけません。 「ゆく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月2号星期六(土曜日)試験ワンポイントアドバイス

中国語の前期のポイントは なんといっても発音です。 文法のことと言ったら、 ほとんど初歩の初歩しか触れていません。 そうすると、 対処の仕方は決まってきます。 発音をきちんとおさらいする。 そして初歩の初歩である 文法を押さえる。 前期はこれだけで大丈夫なはずです。 今日はちょっと文法で 気をつけておきたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月28号星期二(火曜日)ジュウシマツ語!

京都大学生命科学研究科の 渡邉大教授(神経科学)、 安部健太郎助教の研究で、 ジュウシマツが 仲間の歌を聴くことによって 内容を聴き分ける能力が 備わるということを つきとめたとのことです。 「音節」を意識しているのだそうです。 しかもちゃんとそこに 「文法」があるのだそうです。 ジュウシマツはオスが短い鳴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月27号星期一(月曜日)蚊の数え方

蚊はなんて数えるんだろう? 日本語では一匹、二匹だけど…。 と、数量詞のことを気にし出す。 なかなかいい傾向です。 まぁ、たいていの辞書には その名詞を調べれば量詞が何か、 書かれているはずです。 蚊子(wénzi)は 只(zhī)や个(ge) で数えたらOKです。 ちなみに …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月22号星期三(水曜日)お絵かきのすすめ、2

お絵かき、してます? わたくしは授業中のお絵かき、 つまり落書きについては 容認派です。 あまり度を越してはいけませんが。 そういやよく授業中に 落書きしてたなぁ。 なぜ落書きを容認するか。 結構その時の場面や状況を 覚えていたりするからです。 挿絵なんかに書く落書きは その人物を覚えたりします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月21号星期二(火曜日)お絵かきのすすめ

あぁ忙しいなぁ。 最近イラスト描いてないなぁ。 まぁ、載せるほどでもないイラストなんですけど。 でも、これ、実は密かな ポリシーがあったんです。 イラスト、結構大事なんですよ。 と言うわけで、 今日はお絵かきのすすめ。 みなさんが母国語を覚えたのって いつですか? そんなん、いつかなんて言えへんわっ!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月13日星期五(金曜日)「誰」に迷うのは誰?

たまに迷うのですが、 疑問詞“谁”。 「だれ?」という意味ですね。 何が迷うって、 これの発音です。 shéi だったか、それとも、 shuí だったか…。 授業で黒板にピンインを書こうとするとき、 はて、とほんの少し止まってしまう。 困りますね。 どっちも正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月29号星期五(金曜日)中国語の基本の語順

主語+述語 これが中国語の基本の構造です。 語順としましては、 主語があって、述語では動詞、そしてその目的語 というパターンが基本です。 そう。英語の第三文型ですね。 S+V+O。 I study Chinese. 私は中国語を勉強します。 中国語では 我学汉语。(Wǒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月28号星期四(木曜日)ぼくたち、わたしたち

さて今回からは文法編。 まずは大事な人称代名詞から見ていきましょう。 一人称単数、「私」に相当するのが 我(wǒ) ですね。 「私」でも「僕」でも「俺」でも 自分自身をさせばすべて「我」。 一人称複数にあたるのが 我们(wǒmen) 咱们(z&aac…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月27号星期三(水曜日)発音のまとめです

中国語は発音が命。 他の外国語もそうかもしれませんが、 中国語は特に発音に注意しなければなりません。 中国語は漢字から意味を類推して、 なんとなくわかったような「錯覚」に 陥りやすいです。 「外国語なんだ」ということを強く意識しなければ、 この錯覚が習得の大きな妨げになります。 全く違う言語ということを意識するためにも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月26号星期二(火曜日)最後のひと山、ふたつの「ン」

発音もいよいよ大詰め。 今回は二つの「ン」について見ていきますよ。 日本語では意識して使い分けていない「ン」ですが、 中国語では二種類を使い分ける必要があります。 聞き取るのはかなり至難の業ですので、 「今は聞き取れなくてもいいや」 くらいのスタンスの方がいいかもしれません。 でも、発音は意識して使い分けましょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月25号星期一(月曜日)声調には気をつけよう

石室詩人施氏という、 声調の変化だけで意味の通る文があります。 一つの音だけで、そんなアホなって感じです。 逆に、声調間違うと 意味が通らないという、 中国語の難しさを教えてくれますね。 では見てみましょう。 石室诗士施氏,嗜狮,誓食十狮。 适施氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月23号星期六(土曜日)カタカナと発音

カタカナって便利ですね。 カタカナももともと漢字からつくられています。 でもカタカナを使うと途端に 外国のものを思わせることができる。 西洋の名称はひらがなではなく カタカナで表記します。 この方法で外国の言葉を それっぽく読めてしまうのだから、 便利というほかありません。 でも、これは学習の障害にもなるので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more