6月14号星期四(木曜日)老酒

日本の中華料理屋さんで
「老酒」を頼むと、
ザラメが添えてあることが
あります。
ハタチなりたてのころの
わたくし。
お酒も得意じゃなかったですが、
あのザラメがどうした理由で
ついてくるのかわからず、
普通に入れて飲んでみたことが
あったものです。
当時それを教えてくれるかたもなく、
入れることに特に
気に留めることもありませんでした。

そもそも、
老酒にザラメを添えるなんてことは
中国ではありません。
これ、日本の中華料理店で
始まったことなのだそうです。

それから、
添えられていますが、
入れちゃいけません。
入れたのであれば
お店側がショックを受けるか、
気を損ねるか、
素人め、と笑われるかの
どれかです。

このザラメ。
醸造の不十分なお酒であったら
酸っぱいことがあるので、
もし気にいらない味の
お酒であるのなら、
こちらの砂糖をお使いください、
という意味。

お店としても
そんな安酒を提供したとあっては
メンツにもかかわります。
だからちゃんとしたお酒を
提供し、さらに
ザラメを「謙遜」のために
添えます。

日本の中華ならではの
奥ゆかしいマナーだったのです。


中国語学習の旬な情報は
↓↓↓↓こちらからどうぞ。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック