7月22号星期天(日曜日)下駄の日

今日7月22日は
「下駄の日」なのだそうです。
全国木製はきもの業組合連合会が
制定したとのことでして、
下駄を表す数字として
「七寸七分」と
「7」を使うことが多いことと、
下駄の足跡が「二 二」なので
「22」日。
なかなか凝った日を
選んだものだなぁ、と思います。

下駄と言えば
いろいろな慣用句が
ありますね。
「下駄を預ける」とか、
「下駄を履かせる」とか。

試験シーズンなので、
ちょっとこの
「下駄」という言葉には
敏感になってしまいます。
なるべく
下駄を履かせることなく、
点数を取ってもらいたいものです。
あ、
わたくしは
やみくもに下駄を履かせたりは
しませんよ。
真っ向勝負で
来てほしいです。
中国語で「下駄を履かせる」
という意味の言葉が無いかと、
ちょっと調べてみましたが、
軽く調べただけでは
あまり適切なものは
ありませんね。
「抬高(táigāo)」なんて
言葉がありますが、
「水増し」という語の訳に
使うことが多いようです。
まぁ、水増しには違いないんですが。

忘れかけていましたが
このブログの取り扱う範囲としまして
中国楽器がありました。
そうだった。
「快板(kuàibǎn)」という伝統芸能が
ありまして、そこで
「呱嗒板儿(guādabǎnr)」という名の
楽器を使います。
これは簡単に言いますと
カスタネットでして、
竹を二枚、あるいはもう少し多く
板状に加工して、紐で結えつけ
手に持って鳴らします。
地域によっては「莲花落」という
名称の芸能になります。
早口で歌う大衆芸能で、
この伴奏に呱嗒板儿を用います。

この呱嗒板儿、
木製のサンダルやつっかけの
別名であったりします。

呱嗒→(guāda)→グアタ→ゲタ→下駄
というのは偶然です。

中国語学習の旬な情報は
↓↓↓↓こちらからどうぞ。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック