9月19号星期三(水曜日)次は私

こうなってしまうと
中国側の方が難しいでしょうね。
中国は商売の国、とでも
言うのでしょうか、
とにかく損得勘定が
日本よりもずっとシビアです。
日本の中国離れは
かなり損をするはずですから、
放っておくと
取り返しのつかないことになる、
という印象をもっていると思います。
というわけで、
中国側は
落とし所を模索中、
という感じだろうな。

中国の方とのお付き合いでは、
「次は私」という感覚、
これを理解していると
結構わかりやすいです。
中国の方は
いろんな場面で
「次は私」と思っています。
たとえば食事。
大抵「请客(qǐngkè)」です。
いわゆる「おごり」ですね。
今回あなたに払ってもらったから
「次は私」

切符売り場など。
今あの人が対応してもらっているから
「次は私」

で、商売。
今回あなたに儲けさせてもらったので
「次はわたし」

こうしてサイクルができます。
あなたから私、
私からあなた。
応酬ですね。

これが我々日本人と付き合うと
結構あっさりと
断ち切られてしまう。
別に悪意があるわけではなく、
寧ろ逆に
日本風の気遣いによって
このサイクルを断ってしまうことが
多々あるような気がします。

食事。
「次は私」→「どうぞお気になさらずに」
切符売り場。
「次は私」→「整列にご協力ください」
商売。
「次は私」→「お得意様との義理人情」

日本人は相手を不快にさせまい、
と行動することが美徳。
でも、ほんの少しの気遣いが
相手が行動するチャンスを
遮断してしまう。
こうした理解不足が
摩擦を生むこともあります。
これを文化の違いと
理解するか、
メンツをつぶされたと
理解するか、
中国側はちゃんと得策を講じるはずです。
ただ、ちょっと長期化しそうな
気もしないでもないですが。

中国語学習の旬な情報は
↓↓↓↓こちらからどうぞ。
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック