テーマ:文法

1月9号星期三(水曜日)使役文を勉強させる

またまた昨日のつづきー。 今日は使役文について 見ていきましょう。 使役は 「~に…させる」と訳します。 この訳だけを見ると これまで見てきた 前置詞文を思い出します。 使役に使う前置詞があるのだな。 と、察しの良い方は思うでしょう。 ところが一筋縄ではいかない中国語。 使役形の基本は動詞文です。 「させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月8号星期二(火曜日)被害の「被」

昨日のつづきー。 今日は受身文について 見ていきましょう。 中国語の受身文の代表。 前置詞「被(bèi)」を 用いたタイプ。 これを覚えてしまいましょう。 タイトルの通りです。 何らかの被害を受けることを イメージします。 なんとなく やられた感があるニュアンスで 「~に…される」と訳します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月7号星期一(月曜日)お正月休みおしまい

新年好! 本年もどうぞよろしくお願いします。 さあて、 今日から授業! 行ってきます! なんか早いなぁ…。 一昔前は成人式の日くらいまで お正月気分だったけれどなぁ。 とにかく お正月気分を抜くっきゃない。 というわけで、 さっそく授業モードに スイッチを入れ替えなければならず、 さて、 何の話をしよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月28号星期五(金曜日)大掃除

年末ムードがいっぱいですね。 年が改まり良い一年が 迎えられるよう、 さあ、大掃除! 「掃除をする」は 「打扫(dǎsǎo)」や「扫除(sǎochú)」 などを使います。 大掃除なら 「大扫除」です。 この「扫」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月27号星期四(木曜日)~すればするほど…

いろいろとあった締め切りのなかに、 来年度の教科書選定というのが ありました。 毎年毎年、 これにはほんと悩まされます。 学校によっては 全学共通の教科書、ってところも ありますが、 わたくしが出向いている大学の一つは これを担当者が決めなければならない。 これがきついんです。 今年度と同じでいいや。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月5号星期五(金曜日)疑問詞の用法

疑問詞を用いた文は 疑問詞疑問文。 これがやっかいだ。 疑問詞を用いたからって 必ず疑問文になるわけでは ないのです。 たとえば、 「他们都知道。」 とすると 「彼らはみな知っている。」 ですが、 この主語に疑問詞「谁」を いれると、 「谁都知道。」 つま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月2号星期二(火曜日)いろいろな疑問文

疑問文は大事です。 コミュニケーションは 疑問文ですよね。 対話は尋ねて答えて。 だから疑問文の用法を きちんと押さえておきましょう。 まずは代表的な疑問文。 疑問の語気助詞「~吗?」を 使ったタイプ。 「你去吗?」 それから 肯定と否定を交互に置く 反復疑問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月25号星期二(火曜日)銭湯

昨日久々に銭湯に行ってきました。 何年ぶりだろう? 地元の夏祭りの福引で 銭湯の招待券をもらいまして、 で、気づけば期限間近。 というわけで、行ってきました。 一応中国語では「銭湯」のことを 「澡堂(zǎotáng)」と言います。 「澡塘」も同じ発音なので 銭湯の意味で用いることもありますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月4号星期三(水曜日)この~、その~

この間、 確認の小テストをしましたら、 タイトルの表現、 つまり指示代詞とモノの 結びつけについて ちょっと引っかかる学生さんが 目立ちました。 それよりも 語彙不足についても 気になったのですが、 これは日ごろから コツコツと 覚えていくべきものですから、 付け焼刃ではどうにも…。 で、 指示代詞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月2号星期一(月曜日)ふたつの2

数字「2」には 二つの言い方がありますね。 「二」と「两」です。 まぁ、 それを言うと 数字「1」にも 二つの言い方が あるわけですが。 こちらは 第1声の「一」と 声調変化の起こる「一」。 使い分けは大丈夫ですか? 「2」で見た方が 分かりやすいかなと おもいますので、 こちらで。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月27号星期三(水曜日)時刻

昨日は寝坊じゃないです。 ブログのメンテナンス日だったので ログインできませんでした。 そういえばそんなこと 言っていたな、って 思いました。 というわけで、おやすみ。 今日は昨日書こうと思っていた 時刻の言い方について 確認しておきますよ。 まず、 中国では24時間の言い方は あまりなじみません。 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月20号星期三(水曜日)副詞と「不」の位置

副詞の位置にご注意を、 という話。 次の文を見てみましょう。 「他们都不是大学生。」 「他们不都是大学生。」 よく似た文章ですが、 「都」と「不」の 位置が逆転していますね。 たったこれだけで 大きく意味が異なります。 上は「すべて~でない」 という全部否定。 下は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月18号星期一(月曜日)温習

台風がやってきました。 なんか、今年は少し早い 印象です。 被害のないことを願います。 さて、台風となると 気になるのが 暴風警報発令による 休講ですね。 そろそろ授業も大詰め というところ。 変に休講とかなって 話の筋を折られてしまうと、 これはなかなか 面倒なのです。 できれば休講には なってほしく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月15号星期五(金曜日)おうむといんこの日

今日6月15日は オウム(06)と インコ(15)の日です。 このブログの主である わたくしの肖像画から わたくしがオウムやインコに メロメロなのことが おわかりかもしれません。 静岡県や兵庫県に 花鳥園という花や鳥を愛でる 施設がありますが、 そこはわたくしにとっては パラダイスですね。 ゴシキセイガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月13号星期三(水曜日)「この~、あの~」

「この○○」とか 「あの○○」と言う具合に、 指示代詞をつかっていうときは 指示代詞+数詞+数量詞+名詞 の語順です。 「这两把伞」 というぐあいにして 「この二本の傘」 ですね。 こんな具合に 「这・那」のあとに 数量詞が加わります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月12号星期二(火曜日)数量詞

数量詞の覚え方って なんかないですか? という質問。 この覚え方ってのは 楽して、とか、 効率的にとかの意味でしょう。 なるほど。 どんな参考書を見ても、 名詞と数量詞を ずらずら~っと挙げ、 こういうものが こう数える、というふうに 表があるのが一般的。 さぁて。 なんかないですか? なんかあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月11号星期一(月曜日)傘の日

今日6月11日は 「傘の日」だそうです。 そう言えば日ごろお世話になっている この傘。 中国での歴史って どんなだろう、と思って 軽く調べてみました。 軽くですので、 非常に不十分。 もうちょっと時間のあるときに しっかり調べようと思いますが、 かいつまんで 知り得たことを書きますと 大体以下の通り。 春…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

6月8号星期五(金曜日)ふたつの2

「二(èr)」を使うべきか 「两(liǎng)」を使うべきか これちょっと悩みますよね。 このことは 「一」の声調変化のルールと 併せて覚えるといいです。 「一」はどういうケースで 声調変化がおこりましたか? 本来の発音は(yī)と 第一声。 あとは うしろに第一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月7号星期四(木曜日)胡子殿下薨去

胡子殿下(ヒゲの殿下)こと 寬仁親王殿下が薨去されました。 謹み哀悼の意を表します。 しかし、 この報道には いささか不満があります。 寬仁親王殿下の「寬」字が 正しく表記できない。 これは現代のわれわれの機材、 つまるところの コンピューター関係において、 正しく文字を出せないことは 百歩譲ってよしとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月6号星期三(水曜日)数量のたずねかた、その2

今日6月6日は ワイパーの日なんだそうな。 クルマの雨をぬぐう機械ですね。 梅雨入りの時期で ワイパーブレードを新しくする、 また、 6が二つ並んでいるので 運転席側と助手席側の 二つのワイパーを想起させるから この日がワイパーの日。 ちなみに中国語では 「雨刷」「刮水器」 などといいます。 さて数量のたず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月5号星期二(火曜日)数量のたずねかた、その1

ちょっと間があいてしまいました。 モノの数え方についての続きです。 数え方は名詞毎に 用いる数量詞が異なる、ということは もうすでに見ています。 数詞+数量詞+名詞 という語順ですね。 今回はこの数詞の部分について 尋ねたい場合について。 つまり、「いくつ」という 数詞を尋ねる疑問詞について 見てお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月30号星期三(水曜日)存在の表現

存在を表すには 「在」をつかいます。 「有」でも存在を表しましたね。 「在」とはどう違うのでしょうか。 まず結果的なことを 言ってしまえば、 「有」は存在の有無に 焦点があり、 「在」はその存在する 場所に焦点がある、 ということです。 あるかないかが問題なのか、 ある場所が問題なのか、 この違いですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月29号星期二(火曜日)(場所)には○○がある

動詞「有」は 場所をあらわす語を 主語にすると「存在」の働きに なります。 場所+有+モノ・ヒト という具合です。 その場所に物や人が 存在するかどうかを言う表現で、 「あるか」「ないか」が ポイント。 その物や人が具体的であるかどうかは 問いません。 むしろ不特定。 特定化しないモノ・ヒトを 導きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月28号星期一(月曜日)「あらない」

なかなか厄介な動詞が 「有(yǒu)」ですね。 今回はこの「有」の 働きの一つ、 「所有」について確認しましょう。 まず、 発音について。 英語の勉強のしすぎでしょうか。 「you(あなた)」と発音しないように。 子音がつかないので (i)を(y)にかえて表記しています。 つまり三重母音の 「iou…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月26号星期六(土曜日)に?へ?

とある教科書で ちょっと気になる表現があり、 日本語文法に悩みました。 動詞+目的語 として、 動詞には「去」「在」など 目的語には(場所)として、 「どこに どうする」とあります。 うん。 まぁ、気にならなければ 気にしないでもいいのでしょうが、 上の「去」については 「どこに 行く」 なのか、 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月25号星期五(金曜日)こそあど

指示代詞ですね。 これ、それ、あれ、どれ この、その、あの、どの 中国語では 「这(zhè)、那(nà)、哪(nǎ)」です。 あれ、いっこ足らん...。 そうですね。 まず日本語も中国語も 同じものを指す「哪」を見ましょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月23号星期三(水曜日)世界亀の日

本日は世界亀の日なのだそうです。 なんか、何でもアリですね。 中国で「亀」と言えば、 古代はとにかく神聖な動物。 神獣の玄武も 亀がモデルですし、 占い神事にも 亀の甲羅が用いられるので とにかく神聖。 それはそれは大切にされたと 思うわけです。 ところが近代はどうも 勝手が違いますね。 大抵、罵り言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月22号星期二(火曜日)一本

物を数えるときは 数詞+数量詞+名詞 の語順です。 これさえ覚えれば あとは物ごとに どういう数量詞を用いるのかを 覚えていけばよい。 さらっと言いますが、 ここが結構面倒なんですけどね。 まぁ、 形状と数量詞を リンクさせて覚えていけば いいのですが、 たまに日本語の感覚と 中国語の感覚とで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月18号星期五(金曜日)一本の書

数字は生活に密着しているので 数字を用いる表現は きちんと覚えておかなければならない。 けど、 密着しているからこそ 面倒でややこしいことも。 今回はものの数え方について ちょっと確認をしておきましょう。 ものの数を言うときは 数詞+数量詞+名詞 という語順です。 数量詞というのは その後に続く名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月16号星期三(水曜日)暑い「です」

形容詞述語文についてです。 形容詞文をつくるとき、 よくあるのが「是」をつけてしまう 間違い。 今日は暑いです。 といいたいとき、 「今天是热。」 とかやってしまう。 これは「暑いです」の 「です」につられてしまうから でしょうかね。 あ、あと 英語を目いっぱい勉強してきたから というのも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more